pagetop

Z4の中古車で最高の1台をみつけるためのおすすめ条件&探し方

レッドのBMW Z4

BMW Z4は、先代のZ3からボディサイズが拡大された2シーターオープンカーとして生まれました。

デザイン上は丸みのあるものから鋭角なデザインになっています。

2003年に発売された初代モデル(E85/E86)においても、古さを感じさせない魅力に満ちています。

ボディの格好良さと、走りを楽しむにはうってつけのBMW Z4ですが、難点は新車での購入はとても高くつくことです。

しかし、中古車なら入手できる可能性がグッと高まります。Z4の中古車を少しでもお得に購入したい、という方も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではBMW Z4の中古車を購入する時に知っておくべき必須知識と、おすすめ中古車をご紹介します。

ぜひ参考にしていただき、理想のZ4を見つけてください。

Z4の魅力とライバル車を解説

Z4が気なる方は、オープン2シーターのスポーツモデルを探しているのだと思います。

Z4の初代はロードスターが主流ですが、クーペモデルもあります。

また2代目では、ロードスターとクーペが廃止され、ロードスターとクーペが統一されたクーペカブリオレタイプになりました

ここではZ4の中古車を購入するにあたって、どのような人がZ4に向いているのか、また、Z4のライバル車もピックアップしました。

それぞれの車種の特徴も挙げていますので、本当にZ4の中古車が向いているのかご検討ください。

Z4のおすすめポイントと向いているタイプ

Z4は2シーターモデルですから、はっきり言って多くの荷物を積むことはできません。

そのため、どちらかといえば1泊2日の旅行とか、1人で山道をドライブという使い方が向いています

もしくは、遊び車のセカンドカーとして欲しいなんて人も向いていますね。

スポーツ性能に特化しているということは、何か犠牲にしていることでもあります。

Z4のおすすめポイントは、2シーターオープンだけでなく、操る楽しさも味わえる本格的なスポーツモデルだということです。

初代ではロードスター(ソフトトップ)とクーペ(ハードトップ)が選べ、2代目ではロードスターとクーペを組み合わせた、引き込み可能なリトラクタブル式ルーフを採用しています。

ロードスターとクーペの両方を楽しみたいのであれば、2代目をおすすめします。

Z4のライバル車はメルセデス・ベンツSLK

メルセデス・ベンツSLK画像

Z4の購入を検討している方にとって、最後まで悩んだライバル車というのがあると思います。

よくZ4と検討されるものは、日産フェアレディZとメルセデス・ベンツSLKの2台が挙げられます。

輸入車限定で考えているのならば、メルセデス・ベンツSLKがライバルになります。SLKは上質なインテリアに運転の楽しさも味わえるので、BMW Z4の魅力と大きく重なっています。

壊れにくく、メンテナンスや維持費は安い方がいいとなると、日産フェアレディZです。

ただ、フェアレディZは固定されたルーフがベースですので、オープンは派生モデルです。さらに、フェアレディZは価格的に少し下のクラスになりますので、中古車価格もZ4、SLKよりはお求めやすくなっています。

そのような観点から見ると、Z4の最大のライバル車はSLKになります。

Z4の中古車相場を解説

実際にZ4の中古車の価格相場を知りたいという人に、Z4の相場を調べてみました。

初代、2代目も含め、年式、走行距離、修復歴問わず調べています。

中古車検索サイト 中古車相場 中古車相場(平均額があるもの) 台数
カーセンサー 45.8~648.0万円 214.5万円 322台
グーネット 45.8~648.0万円 282.4万円 351台
車選び.com 45.8~648.0万円 216.1万円 345台
  • ※2017年1月時点の各中古車検索サイトでZ4の中古車価格を調査
  • ※Mクーペ、Mロードスターは除く

最高値は648万円でした。グレードはsドライブ35i、デザインピュアフュージョン、白皮(エストリルブルー)で、2015年式で走行距離は1.5万km。もちろん修復歴なしです。

最安値は45.8万円の2004年式の初代モデルで、グレードはロードスター2.5i。ディーラー車でDVDナビ、3ヶ月保証。

走行距離は11.4万kmと10万kmは超えてしまっていますが、しっかりメンテナンスされていれば問題ありません。

これを買えば安心!Z4のおすすめ中古車条件を徹底解説

ここではZ4が欲しい人をタイプ別に分けて、それぞれに合ったおすすめの中古車を紹介します。

新しい車と、価格重視で安い車という2つの条件に分けて図にしたうえで、さらに中古車情報サイトで価格を調べました。

自分の条件に当てはまる方を選ぶことで、Z4のおすすめの中古車が見つかるはずです。

Z4のおすすめ中古車情報

とにかくキレイで新しいZ4の中古車に乗りたいのであれば、2009年に発売された2代目がおすすめです。

初代はキャンバストップのE85(ロードスター)と、E86(クーペ)の2種類ありましたが、2009年に発売された2代目では、ロードスターとクーペを統合した引き込みが可能なリトラクタブル式のルーフが採用され、使い勝手が向上したからです。

さらに、初代は自然吸気エンジンのみでしたが、2代目ではターボエンジンをメインにラインナップしていて、初代に比べてパワフルになっています。

走行距離も10万kmを超える中古車は少なく、5万km程度の中古車を200万円台で手に入れることができます。修復歴ありもほとんどありません。

価格の安さを重視して、とにかく安くZ4に乗りたい方は、2003年に登場した初代をおすすめします。

10万kmを超えるものは40万円台からありますが、できるなら50万円台で5万km程度のものを探すことがいいでしょう。

ガレージ保管できちんとメンテナンスを行った初代の中には極上車もあるので、コツコツと探すのもいいでしょう。

新車同様のZ4にお得に乗りたいなら:2代目(2007年~)の低走行車を選ぶ

Z4未使用車はありませんでした(2017年1月時点)。ただ、走行距離が3000km程度の中古車はかなりありました。

新車と中古車の価格を比較してみました。

Z4 sドライブ 35i
■新車
本体価格 (消費税抜):726万円

■中古車
スポーツパッケージ、アダプティブMサス、地デジ
本体価格 (消費税込):398.0万円
支払総額(税込):―
年式(初度登録):2009年
走行距離:3000km
排気量:3000cc
修復歴:なし
車検:なし

マイナーチェンジ前の中古車で、車検切れですが、1オーナーで走行距離が3000kmです。

8年落ちの現行モデルでも状態が良い中古車はかなりお得といえます。

(1)新しいZ4中古車にお得に乗りたい方:2代目の中古車がおすすめ

Z4画像

比較的新しいZ4となると、現行モデルの2代目になります。

なかには展示車両やデモカー、試乗車など、走行距離が1万kmもない車両もたくさんあるのが、2代目の特徴です。

Z4の場合はスポーツ性能が求められることが多いため、走行距離は短いものが良いでしょう。

自動車は機械ですので、乗らないのは良くないのですが、乗れば乗るだけオイルは劣化し、タイヤやブレーキパッドは摩耗していくからです。

もっとも、自動車は乗らなくても保管条件によってはどんどん経年劣化していきますから、単に年式だけで判断せず、実車を確認するのがベストです。

この条件のZ4中古車の注意点:ルーフが開かなくなる故障あり

2代目のZ4では、引き込み可能なリトラクタブル式のルーフを採用している点が特徴なのですが、そのルーフの開閉ができないトラブルも報告されています。

コントローラーの交換で直りますが、中古車の購入の際にはチェックしておいた方がいいでしょう。

また、ブレーキ倍力装置へ負圧を送るバキュームポンプの固着により、ブレーキが効きにくくなるというトラブルもあります。

こちらはリコール対象になっていて、中古車では対策済みだとは思いますが、念のため確認しておいた方がいいでしょう。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

Z4では修復歴のある中古車は避けた方がいいです。というのも、走りを楽しむZ4の場合は、きちんと修復されていたとしても、スポーティな走りによってどんな不調や不具合が起きるかわからないためです。

特に、オープンカーの場合は、構造上どうしても剛性が弱いということもあり、フレーム部分を修復したものは不安です。

実際にカーセンサーで検索すると、156台中、修復歴ありはたった1台のみ(2017年1月時点)。308.0万円の2014年式で、走行距離0.7万km。

見た目は新車のようですが、特別安いというわけでもないので選択肢から外した方が無難です。

修復歴ありの車の見抜き方や定義については、「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事を参考にしてください。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

2代目は2009年の発売ということもあって、中古車は5万km以下です。多走行車でも8万km台ですから、特に気をつけることもないでしょう(2017年1月時点)。

中古車は5万km、10万kmというのが走行距離の目安になっていて、中古車販売価格が変わってきます

また、5年、10年というのは、メーカー推奨の交換部品の時期にもあたるので、たとえ走行距離が5万km、10万kmを超えたとしても、ディーラーできちんとしたメンテナンス、部品交換を行っている中古車でしたら安心です。

ですから、メンテナンスがしっかり行われているか否かは、整備手帳でチェックしてみましょう

走行距離が少ないのは良いことですが、修復歴があったり、年式は古いのにあまり乗っていないものは避けたほうが賢明です。機械は適度に動かさないと調子が保てないものなのです。

Z4の2代目で走行距離5万km以内、修復歴なしの中古車相場

2代目のZ4(E89)は2009年発売というのもあり、中古車の多くが走行距離5万km以内です。

具体的なZ4の中古車を主な中古車検索サイトで調べてみました。

年式は2代目の2009年からで、走行距離は5万キロ以下、修復歴なしに限定し、Mシリーズは除外しました。

中古車検索サイト 中古車相場 該当中古車台数
カーセンサー 144.8~648.0万円 147台
グーネット 229.0~648.0万円 133台
車選び.com 248.8~648.0万円 35台
ナビクルcar 229.0~648.0万円 134台
  • ※2017年1月時点での全国中古車情報を各中古車検索サイトで調査

おすすめの条件で検索すれば、200万円~程度で中古車が買えます。

ナビクルcarでもこの条件のZ4中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

Z4の中古車情報

2017-07-20 21:36:38更新

Z4の中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

価格の安さを重視してZ4中古車を買いたい方:初代(2003年~2007年)のロードスターがおすすめ

Z4画像2

お得にZ4に乗りたいという場合は、2003年に発売された初代のロードスターがおすすめです。

走行距離10万km以内、修復歴なしでも50万円台からあります。クーペモデルは2006年4月に登場していることもあり、ロードスターより100万円ほど高くなっています。

初代モデルでもマイナーチェンジ後はソフトトップ(幌)が手動から電動式になっているので、オープンにする機会が多い人は、価格も10~20万程度の差のため、後期モデルを選択した方が便利です。

初代モデルとなると、2003年の発売になるため、メンテナンス次第でかなり個体差が出てきます。ワンオーナーなのか、複数のオーナーだったのかも気になりますね。

特に、ソフトトップの場合は屋根あり保管していたかも重要なポイント。ソフトトップの劣化にも気をつけたいところです。

この条件のZ4中古車の注意点:幌交換となると30万円コース

初代モデルのE85で気になるのは、ソフトトップ(幌)です。ディーラーで交換するとなると30万円コースにもなってしまいます。

ショップではもう少し安くなりますが、20万円以上はかかります。幌の状態は保管条件によっても変わってきますので、実車で確認するしかありません。

傷や破れ、紫外線や雨による変色も確認したいところです。

E85/E86で共通する注意点は、エアコン、セルモーター(電動機)、オルタネーター(発電機)の不具合です。

これはZ4特有というよりも、低年式、高走行車に共通するトラブルでもあります。ただ、輸入車のZ4となると修理費が高額になります。

エアコンで20万円、セルモーターで10万円、オルタネーターで10万円は覚悟が必要です。不具合や異音がしないか、すでに交換しているのかなども確認しましょう。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

購入価格を抑えて中古のZ4を探している場合でも、修復歴のある中古車は避けたほうがいいです。

というのも、走りを楽しむZ4の場合は、きちんと修復されていたとしても、スポーティな走りによってどんな不調や不具合が起きるかわからないためです。

特に、初代のロードスターの場合は、構造上どうしても剛性が弱く、フレーム部分を修復した部分に不自然な力がかかってしまうことも。

実際にカーセンサーで検索すると、修復歴ありで最安値は56万円でした(2017年1月時点)。2003年式で、走行距離5.6万km。それほど条件も良くないために選択肢から外した方が無難です。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

初代のロードスターは2003年、クーペは2006年の発売ということもあって、走行距離が10万kmを超える中古車もちらほら出てきます。

なかには18万kmも走っている車体もありますが、メンテナンスしている、していないにかかわらず、避けた方がいいです。

Z4はただ乗れればいいという車ではなく、運転を楽しむ車だからです。

実際の中古車では10万km以下が多いので、10万km以下の車体を選ぶのがいいでしょう。

中古車は5万kmや10万kmが走行距離のひとつの目安になっていて、販売価格が変わってきます。

また、メーカー推奨の部品交換の時期にもなるので、5万km、10万kmを超えたとしても、しっかり部品交換をしていればむしろ安心です。

5万km、10万km直前の車を購入して、すぐに部品交換となるとかえって高くついてしまいます。

低走行車の場合、12年間で走行距離が2万km程度というのは、車にとってはあまり良い状態ではありません。保管場所やメンテナンスにもよるので、こちらは現車確認が重要ですね。

Z4の初代で走行距離10万km以内、修復歴なしの中古車相場

初代Z4、走行距離は10万キロ以下、修復歴なしに限定して、Mシリーズは除外して、中古車相場を調べました。

中古車検索サイト 中古車相場 該当中古車台数
カーセンサー 56.8~228.0万円 162台
グーネット 55.0~298.0万円 178台
車選び.com 65.8~179.0万円 44台
ナビクルcar 55.0~228.0万円 170台
  • ※2017年1月時点での全国中古車情報を各中古車検索サイトで調査

おすすめの条件で検索したら、50~200万円程度で中古車が買えます。

ナビクルcarでもこの条件のZ4中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

Z4の中古車情報

2017-07-20 21:36:38更新

Z4の中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

筆者おすすめ・Z4中古車の探し方

今回は、新しい中古車と、とにかく安い中古車と分けて比べてみました。

では、ここでは中古車販売サイトのグーネットで実際に検索してみましょう(2017年1月時点)。

(1)新しいZ4の中古車にお得に乗りたい方:2代目(2007年~)、走行距離5万km以内、修復歴なし

(2)価格の安さを重視してZ4を買いたい方:初代(2003年~2007年)で走行距離5万km以内、修復歴なし

どちらでも、基本的な探し方は変わりません。

1.グーネットサイトにアクセスする

グーネットのTOPページにアクセスします。

2.メーカーを選択する

「全ての輸入中古車から探す」から「BMW」を選択します。

グーネット検索TOP

3.車種を選択する

BMWの車種一覧が表示されますので、「Z4」をクリックします。

グーネットz4中古車車種検索画面

4.地域を選択する

次にエリアを選択します。ここでは仮に「東京都」を選択しましたが、ご自身の住んでいる、見に行けるエリアを選択するといいでしょう。

「チェックした地域で中古車を絞り込む」をクリックします。

グーネットz4中古車地域選択画面

該当エリアのZ4の中古車の一覧が表示されます。ここから自分が求めている条件(今回は型式、走行距離、修復なし、など)を入れて絞り込んでいきます。

5.条件を指定する

年式や走行距離、修復歴有無の項目をチェックして、さらに絞っていきます。

  • 新しいZ4の中古車にお得に乗りたい方:2代目(2007年~)、走行距離5万km以内、修復歴なし
  • 価格の安さを重視してZ4を買いたい方:初代(2003年~2007年)で走行距離5万km以内、修復歴なし
  • グーネットz4中古車条件指定画面

    該当件数○○件の数字が減っていき、「この条件で検索」をクリックすると、自分の条件にぴったりのZ4の中古車が表示されます。

    筆者おすすめ・Z4中古車のまとめ

    ここまでご紹介した筆者がおすすめするBMW Z4の中古車条件について、もう一度図にまとめました。

    Z4のおすすめ中古車情報

    Z4の中古車の状況や、それぞれの特徴がわかったと思います。Mシリーズやグレードのことはさらに細かくなるため、今回は割愛しています。

    もし決めているグレードがあれば、中古車検索サイトで細かい条件を出せばいいだけです。中古車探しでは絶対に譲れないものを先に絞っていくのがポイントです。

    筆者のおすすめとしては、初代のマイナーチェンジ後の電動ソフトトップモデルです。手動で開閉するのは面倒ですからね。

    もちろん、2代目のリトラクタブル式のハードトップも魅力ですが、あとは価格との相談です。

    まとめ

    ここまで読んでいただければ、BMW Z4の中古車の相場や、おすすめの中古車、良質な中古車の選び方がお分かりいただけたと思います。

    中古車選びの基本はどの車も同じですが、車特有の特徴や故障、お買い得の年式などがありますので、自分が何を求めているかを絞っていくといいでしょう。

    この記事を参考にして、あなたにピッタリのBMW Z4の中古車を見つけてください。

    Z4の新着中古車情報


    Z4の中古車を探す
    上記ボタンより在庫情報を見ることができます
    まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

    Z4のスペック情報

    Z4
    全長
    4.25m~4.26m
    全高
    1.28m~1.29m
    全幅
    1.79m
    CVT - 燃費(JC08モード) 10.0km/L~13.4km/L
    駆動方式 2WD 排気量 2,000cc~3,000cc
    定員 2人 車両重量 1,610kg~1,710kg
    ※燃費は現行モデルの情報です。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    SNSで最新情報をチェック